スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

近江八幡、グルメ編

2014.09.12 Fri
旅には、グルメはつきもの~
食べる楽しさは、必須ですね(*´ω`*)
近江八幡でも、食べたいモノ、行きたいお店がありました。


シャーレ水ヶ浜


まずは、行きたいお店編(^-^;
琵琶湖が一望できる「シャーレ水ヶ浜」へ行って来ました~
このお店は、cecilmamaが毎晩、お酒を飲みながら興じてる「ネットサーフィン」の賜物なのです。
見つけたのは、去年だったかなーー
「絶景カフェ」でヒットしちゃって、即、( ..)φメモメモ
そして、滋賀へ行くにあたり、「cecilmamaメモ」の出番が来た☆実行に移したというわけで。
このような、「いつかの」旅に活用できる情報だけは、いっぱい持ってまーーす(笑)。


絶景カフェ_1


シャーレ水ヶ浜は、ログハウス調の建物。
うん、噂どおり、絶景でした★
ひぇーーー、駐車場は、県外ナンバーの車でびっしり(~_~;)
案の定、琵琶湖が見えるテラス席は満席で、残念無念(;´Д`)


シナモントーストとバナナジュース


このお店は、これが食べたい!ではなく、
このお店に行きたいキモチを達成する為に行っただけで・・・(笑)。
それで満足のcecilmama(笑)。
なので、オーダーしたのは、シナモントーストとバナナジュース( *´艸`)
バナナジュースなんて、久々(^-^;
これでいいのだ。


絶景カフェ


えーーん、やっぱり座りたかったな、、、琵琶湖が見えるテラス席に・・・


近江牛レストラン_ティファニー


そして、空腹を満たすのは、近江牛で~
ですよ!近江八幡に来て、肉を食べないわけにはいかない。
近江牛の店に関しては、事前にかなり調べた(笑)。
とにかく、べらぼうに高いお店は無理だし、身の丈にあったそこそこの金額で・・・(*´ω`*)
ひとりでも入店しやすくて、間違いない近江牛を食べさせてくれるお店、、、
という事で、「ティファニー」へ行って来ました。


ステーキランチ_1


リーズナブルにステーキランチを☆


近江牛ステーキ


富山から、はるばる近江牛を食べにやって来ました(^.^)
朝6時に家を出て、、、高速を走って、ウン時間。なんて、贅沢なぁーー
そう思うと、めちゃくちゃ美味しかったぁ~


ステーキランチ


ひとりで、こんなお店に入った事はなかったので、ちょっとだけ緊張したけど、
その証拠に、「焼き加減は?」と聞かれて、
「レアで」と答えるつもりのところ、「ミディアム」と答えちまったワタシ・・
ぷっ、ドン臭い。周りの空気に飲まれたわ・・・(笑)。
とにかく、焼き加減なんて、どんなのでもいいから、近江牛が食べたかった(笑)。
近江へ行くと決めた時から、ワタシの頭の中は、肉、肉、肉・・・
カウンター席に案内されて座りましたが、お隣さんも、女子ひとり客でした( *´艸`)
心強ーーい!(笑)
○○牛というブランドには、全く興味もありませんでしたが、
ここのところ、肉好いてるcecilmama (-。-)y-゜゜゜
ちょいと昔のcecilmamaからは、とても想像できませんが、
「美味しい牛肉が食べたい!」と無性に思ったわけで・・・
肉の特徴とかわからないけど、食べて美味しい~、幸せーー♪と思えたら、それでいいんだぁ。

・・とcecilmamaなりに、無理せずに、お望み通りの旅のグルメを楽しみました~☆
肝心なのは、自己満足。
それが一番大事(笑)。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(0) | top↑ |

ひとり・八幡堀めぐり

2014.09.11 Thu
それから、近江八幡へ。
一度は、ゆっくりと歩いて見たかった町のひとつ♪
やっと、その時間が訪れて、、、(^.^)
どんな町だろう~とすごく楽しみでした。
行って見たかった、八幡堀へ。


新町通り


新町通りです。
この景観。おーーー、いい感じ(^.^)
新町通りをまっすぐ歩いて、八幡堀へ行きました。


八幡堀の景観_1


ここが八幡堀。
釣りを楽しむ人もいて、のどか~♪~
時間が、ゆっくりと進む町だなぁーと感じました。


八幡堀めぐり_1


八幡掘めぐりの船が、頻回に行き来してました。


八幡堀


この景色が、八幡堀の写真によく使われているアングルですね。


八幡堀遊歩道


そして、ゆっくりと八幡堀遊歩道を散策しました~♪
すごーーく、楽しかった(^.^)
有意義な時間***


八幡堀沿いのカフェ前


八幡堀沿いには、たくさんのステキな建物がありましたが、
これは、あるカフェの一角。
絵になる場所があり過ぎて、自然と写真を撮り過ぎましたよ(笑)。


八幡堀沿い_3


「かわらミュージアム」に向かって、下に降りて堀に沿って歩きました~
ほんとに楽しかった(*´ω`*)
よく歩いたな。


八幡堀の景観


八幡堀沿い_2


こんなに素敵な場所だったとは・・無知でした。
まだまだ、知らない場所が、たくさんあると思いました。
知らなくて、当たり前だけど・・・(-_-;)
もっと、もっと、日本の素晴らしい場所を知りたい、行きたい!と
ワタシを貪欲にした八幡堀でした。


八幡堀沿い_4


置き石?と言うのか、丸い石の上を歩いて行きます。
その他の観光客も、そんなに多くもなく、少なくもなく、程よい感じ。
それもまた、居心地がいいなぁ~と思った要因かも(*^_^*)


八幡堀沿いの屋敷


八幡堀沿いの屋敷_1


堀沿いにある、風情ある建物。
これは、何かの店舗のよう・・多分、飲食店かな。


日牟礼八幡宮の鳥居


日牟礼八幡宮は参拝しませんでしたが、
堀沿いをちょいと外れて、鳥居の写真だけ・・・(^-^;
この向かいには、白雲館がありました。


いかだの橋


堀を挟んで向かいにあるのは、「かわらミュージアム」
橋を渡って行きます。
橋桁が面白い・・・舟でした。


八幡堀めぐり


それにしても、情緒あり過ぎ・・この町は★
たった1回来ただけでは、知り尽くせないと思いました。
じっくり知るには、やはり1泊か、、、(笑)。
夜になると、八幡堀一帯がぼんぼりの灯りに照らされる、
とってもきれいな「八幡堀まつり」が毎年9月中旬にあるそうですが、、(^-^;
一度は、まつりを目当てに旅をしたいな。


八幡堀の水面


水面の映る木々や建物・・・
美しい。
久しぶりだーー、こんなに旅情にたっぷりと浸れる町は・・・
一気に好きになった、八幡堀。また来たいな・・・
近江八幡・八幡堀めぐりに。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(0) | top↑ |

信長のロマン

2014.09.09 Tue
特別史跡の安土城跡へ。
安土城は、信長が天下統一を目標に、標高199メートルの安土山に築城させた平山城。


安土山


岐阜城よりも京に近く、利便性があり、北陸、東海の要所であったそうです。
豊臣秀吉邸跡をはじめ、前田利家邸跡もあったし・・・
秀吉と利家は、戦があるたび、手柄を取る為に必死だったかもしれないけど、
夫の戦の陰で、秀吉と利家の妻、ねねとまつがママ友で仲良くご近所付き合いをしていたかと思うと、
歴史は更に面白い(^.^)


大手道


安土山へ入山。
長い長い大手道(;´Д`) 
見た瞬間、一瞬だけ「えっ、これを登るの?」と怖気づいたけど・・・(笑)。
果てしなそう・・・・・


安土山入山


果てしなかった・・・
とんでもない石段の数・・・
尋常ではないです・・・
どこまで続くの、この石段・・・
思えば、ワタシはここ数年の間にこのような石段をいったい、何段登って来ただろう、、(*´ω`*)
来たからには、登らずに帰るわけにはいかない。頑張って登り切ります!


こんな高さ


急な勾配。
石段の高さが、まず高い・・・・
踏み外したら、怖いくらいの高さでした。
侮るな、安土城。


石段に残る石仏


その石段に、石仏がいくつも刻んでありました。
ワタシが石仏に気付いて、足を止めて写真を撮ってると、次々にワタシの後に続く・・・(笑)。
面白い、連鎖反応でした。


豊臣秀吉邸跡


秀吉邸跡。
ここだけで、すごい広さ~
でっかいでっかい住居だったのだろうなぁーとわかります。


安土城跡


黒金門跡を抜け、、
石垣が続きます。


石垣


もうすぐ天守跡_1


もうすぐ天主跡・・
木漏れ日が綺麗でしたが、ここまで登って来て、少々の息切れと汗だくだく、、です(~_~;)
だけど、爽快です☆


織田信長公本廟


天主跡へ差し掛かる前に、この右奥に信長公の本廟がありました。
秀吉が、信長の遺品を埋蔵して建てたそうで、信長の一周忌には盛大に法要を行ったそうです。


天主閣跡へ


天主跡


いよいよ、天主跡へ。
見ての通り、礎石が点々と残るだけの天主跡。
天守閣がないのに辿り着くまで、とってもそわそわした、安土城天守跡。
それはやっぱり、安土城だからですよ。
信長の最後の城・・あの安土城だからかな☆
今は無き安土城だから、キモチが膨らむのでしょう~


天主跡から眺めた景色_1


安土山の頂上から眺めた景観。


二重しか見えないけど、三重塔


そして、安土城築城の際に、信長が自らの菩提寺として建立したとされる摠見寺の三重塔へ。
二重しか見えてないけど、三重塔です(^.^)


三重塔_1


何度かの修理を重ねて、今も現存。


二王門_裏


そして、摠見寺の二王門へ。
本堂が残っていなくて残念・・・


二王門


二王門。
ここは何故か、仁王門とは表記しないみたい。


復元


まぁ、とにかく、想像が膨らみました。
歴史は、過去を振り返るだけではない、想像も出来るから楽しいんですよ★~
ワタシが歴史を好きになったのは、まさにそれ。想像を楽しめるからですね(^.^)
ワタシの頭の中では、上の写真のようなイメージで登ってましたから・・・(笑)。
これはもちろん、想像の写真です(^-^; 
今も天守閣があったら、こんな感じだったでしょう。やっぱり、すごいな( *´艸`)
今に残る天守閣の原型となったのが、安土城だったそうです。
家臣らの邸宅を城下に築き、自分の菩提寺を城下に建て、
これが、信長が抱いた、真の夢のお城だったのでしょうね。
これから、さぁー天下統一という矢先に、、、
本能寺の変の後、一夜にして焼失、落城した安土城・・・やっぱりロマンです。
行ってよかったぁーー♪ 最高でした(^.^)
心に残るお城になったのは、言うまでもない。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(0) | top↑ |

趣味嗜好でリフレッシュ

2014.09.08 Mon
いきなりですが、ここは何処でしょう。
今まで、何度か遠目に見た事はあったけど、
ここまで近付いて見ると、本当に綺麗な景色でした(^.^)


琵琶湖の景色


空の青が綺麗。
雲も最高。
空気も心地よくて、リフレッシュには申し分なし。


琵琶湖を泳ぐ


鴨?も優雅に泳いでたりなんかして・・・


琵琶湖の景色_1


もっと近付くと、多少のごみは気になりましたが(;_:)
ここは、琵琶湖。


太閤井戸


すぐそこには、長浜城築城の時に秀吉が掘らせたという「太閤井戸」もあったりして・・
素晴らしい景色の中に、歴史的な遺構が残っているのもステキ~★


長浜案内


そうです、cecimamaのお目当ては、
近付いて眺めて、「綺麗~♪」と喜んだ琵琶湖ではなく、長浜城でした。
ぶらり、ひとり日帰り旅に選んだ地・・まずは、滋賀県長浜市。


長浜城天主_2


豊公園の駐車場に車を停めて、ゆっくり歩いて10分かな。
見えて来ました、天守閣が。


長浜城_2


秀吉というと、長浜城。
長浜城というと、秀吉。
秀吉が初めて建てたお城ですが、この地に7年間は居住したようです。
ここから、秀吉はどんどん出世して行くんですよね。


長浜城


天守閣に行ったなら、お決まりの全身撮影♪(^.^)
中は、鉄筋コンクリートですが(;´Д`) 
日本人の誇りを示したような姿には、本当に惹かれます。
錦織圭選手、優勝してほしいですね~ 日本人の誇り☆


天主から見た、安土城の方向


天守閣から眺めた景色。
左の四角い建物は「長浜ロイヤルホテル」
右手、遥か遠---くに、長浜城を後にして次に向かう安土城跡があります。
見て、「えー、あんなに遠いの?!」とびっくりしました(^-^;
とにかく、湖岸を走って行くしかないわけで、、、(笑)


長浜城再現図


秀吉が築城した頃の、長浜城復元図。
今と全然違う様子に、まずは驚き。
琵琶湖を多いに利用したところが、アイデアマンの秀吉らしい。
琵琶湖から舟が出入りして、活気ある町だったのでしょう。


長浜城天主


本物の長浜城は廃城になり、何も残っていませんが、
今の天守閣は、犬山城をモデルとして、昭和に再建されたそうです。
本物だったら、絶対に国宝でしょう~
秀吉の初めてのお城だもん。

次は、信長の安土城跡へ☆



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(0) | top↑ |

ワタシにもジャイアンがいた・・・

2014.08.28 Thu
昨日、休暇を利用して、ちょっと話題の映画「STAND BY ME ドラえもん」を見て来ました。
よーーく、思い返せば、TVでドラえもんを見た事はあるけど、映画は初めてでした(^.^)
娘達が幼い頃に1回ぐらいはあるかなーーと思ってたけど、
意外や意外、初めてかぁーー★


ドラえもん


TVの予告かなんかを見て、これは見たいな!と、瞬間的に思ったのよね。
そういう映画は、見ておいた方がいい。
普通の・・というか、いつものドラえもんやのび太くんの絵のイメージとは全然違います。
すごく綺麗な映像で、こっちののび太くんの方が可愛かったです。
これは大人に見てほしいドラえもんかな(*´ω`*)
とっても、甘酸っぱくて、心の中に爽やかな風が吹いて行きました。
そして、ちょっぴり泣けて・・
あんなキモチ、こんなキモチ、こういうキモチ・・忘れかけていましたね。
そして、あの時代はよかったなーーっと、
自分の子供の頃をふと思い出しました(*´ω`)
あーー、戻ってみたいな・・なんて。ふとね・・


ドラえもん_1



のび太くんが、ジャイアンやスネ夫にいつも意地悪されるように、
ワタシも幼少の頃、小学4,5年生ぐらいまでだったかな、、
ワタシに会うと決まって、意地悪を仕掛けてくる近所の同級生のK君がいました。
しつこく文句を言って来たり、追い掛け回されたり、もちろん泣かされる事は何度も・・
ほんとのほんとに、K君が大嫌いだったな。
のび太くんがいじめられて「ドラえもーーん!」と泣いている場面を見ると、
K君に意地悪されて、メソメソしてた自分を思い出すんですよね。
あの頃は、あの頃の自分なりに大変悩んで、心に影を落としてたかもしれないけど、
大人になって、今になれば、あぁいう子供の時代があってよかったのかな~
なんて思うようになりました。
それも、ドラえもんとのび太くんのおかげかな☆
でも、今、K君に偶然会っても、声も掛けず無視しますけど・・・(;´Д`)
実際、3年ぐらい前に家族で行った外食のお店で同席になったお客を見たら、なんとK君・・・(笑)。
お互い気付きながら、最後まで無視してたもんねーー♪
やっぱり、子供の頃に受けたイヤーーーな印象は消えないよ。
でも、立派な男性になっていたら、「随分と変わりましたね」と声を掛けられたけど、
相変わらず、意地悪そうな顔をして、そうでもなかったし・・・(笑)。
子供の頃に意地悪されていても、大人になって笑えるようになれば、ステキですけどね。
きっと、のび太くんとジャイアンのように、
当時のK君に「ごめんね」と言える勇気も場面もなかったからでしょうね。
んーー、ワタシの大変残念な幼なじみK君です(-_-)



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(-) | トラックバック(0) | top↑ |

ノリ派?or タカ派?

2014.07.22 Tue
こんばんわ、cecilmamaです~♪

先日の日曜日・・
目覚めると、あの雷が嘘のよう・・・なんといい天気。
しかし、予定無し子の淋しいワタシ・・・(;´Д`)
あーあ、、とふて腐れそうになる自分に、「おい、出掛けるぞーー!!」と発破を掛けて、
思い立ったら速攻で準備をして、「金沢21世紀美術館」へ行って来ました☆


21世紀美術館


ひとりで来たのは初めて。
人生ではたったの2回目(*´ω`)
なんと、金沢へひとりでやって来たのも、22歳とか、23歳以来ぶり・・(笑)。
独身の頃は、バーゲンのシーズンになると、ちょくちょく来てたのが、
結婚するとたちまち、ワタシにとって金沢は、はるか遠ーーーい街になったのでした。
なので、ここへ来るのも、すごい事なのです、ハイ。
それもひとりで。。。( *´艸`)


木梨憲武展


今回のお目当ては「木梨憲武展」。
東京でしかやらない・・と思ってたのが、なんとお隣さんの石川県でやる!と知ったら、
是非、行きたい!!と思ったワタシ。
このポスターのノリさん、おしゃれ~☆
テレビで見る、ノリさんのファッションが大好きなワタシ。
出来れば、旦那さんにはこんな格好をしてほしいものだ!と思う芸能人です。


木梨憲武展_1


金沢21世紀美術館は、木梨憲武展をお目当ての人、人、人でいっぱいでした。
ネームバリューだね。
さすが、とんねるず。
ちなみに、ノリさん派? タカさん派?
ワタシは、昔は絶対的にノリさん派でした。
でも、タカさんのやんちゃで乱暴な中にも、すっごい優しさを発見してからは、
どちらかと言ったら、タカさん派かな~?(^-^)

ノリさんの芸術作品の完成度に驚きました。
こんな才能があったなんて、知らなかったぁーー
とにかくカラフル♪
THE・木梨ワールドがそこにありました。
見てると自然に気持ちが明るくなるような、、ポジティブな作品が多かったように思います。
いかにも、ノリさんらしいですね。


プール


それから、館内をお散歩。
その中のひとつ・・・「スイミング・プール」へ。
女の子が、プールの水に手を伸ばして水遊び・・・


プール_1


おやおや、そのプールの底をのぞき込むと・・・
人がいるではありませんか。


プール_2


ねっ、プールの底。。★

何処も行くところなんてないし・・・と勝手にふて腐れず、
ここまで来てよかったなぁ~と思えた、久しぶりの予定がなかった、ただの日・・
フットワークが軽い方が、絶対に人生は楽しくなるよ(^^♪
それは分かっているんだが・・・
キモチはあっても身体がついて行かなかったり、
身体は元気でも、キモチがついて行かなかったり・・
まぁ、最近なにかとややこしいなぁと感じていても、
ワタシは、先が短いのかな?(笑)
今のうち、今のうち・・とつい、思っちゃうのです。




ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |

東北ラストは会津若松

2014.07.08 Tue
最終日は、仙台市内にある秋保大滝へ。
帰路に経つだけでは淋しいので、必ず何処かへ寄る事にしてます。
欲張りなんだな( *´艸`)
何処へ寄るのか、迷いに迷って、秋保大滝をチョイス★~


秋保大滝滝見台


秋保温泉を抜けてしばらく走ると、間もなく着きました。
滝見台で初お目見え。
すごい迫力☆


秋保大滝


日本の滝100選に選ばれていて、かなり豪快。
たまーーーに、大瀑布を拝むと、やっぱり感動するな。
来てよかったと思いましたよ。


鶴ヶ城


そして、やはりワタシの旅には城あり(*^^*)
天守閣が見たくなって、会津若松の鶴ヶ城へ。
秋保から会津若松へ大移動ーーー


鶴ヶ城天守閣入口


ワタシの言葉で言うと、スーーッとして無駄がなく、お城を性別化するなら、絶対に女性(笑)。
それも、60代ほどの未亡人で今も亡き夫を愛し続けながら、静かに暮らしてる・・
という雰囲気のあるお城でした(^-^;
なんじゃそれーー( *´艸`)
お城を人間化して見ると、すごく面白いのです。


磐梯山が見えるはず


天守閣から見た眺め。
雲がなく快晴だったら、目の前に磐梯山が見えるという・・・
なだらかな麓らしきものは見えました。


夢見亭


そして、会津に来たので、会津の郷土料理を食べようと思って、
辿り着いたのが「夢見亭」
会津の郷土料理は、一度、TVで見て食べてみたいなーーと思っていました(^^♪
下調べもせずに、突然来たわりには、大成功のお店でした~(^.^)
ツイてる、ノッてる!


会津料理メニュー


メニューを見ると、会津の一品料理がずらーーっと。これはほんの一部。
んーーー、迷って・・・


会津料理


いくつかの郷土料理がまとまってる御膳を・・・
蕎麦あり、お餅あり、朝鮮ニンジンの天ぷらあり・・・
こづゆにニシンの煮物・・こんなに食べられるかな・・?と不安だったけど、、、


ニシンの煮物


会津の振舞料理には、何故か餅が付いてるそうで、、、
何故に餅なのだろう?(-_-;)
蕎麦だけでも、お腹がいっぱいになったけど、しっかりと丸餅が2個もあって、
正直、ちょっと無理はしましたが、しっかりと胃袋におさめて来ました。
ふーーーー


こづゆ


こづゆ。
上品で薄味で、あっさりとした野菜の具だくさんお汁って感じでした。
これに、田楽と揚げまんじゅうがあれば、パーフェクトは会津料理だったかもしれないけど、
これ以上食べるのは無理!

「夢見亭」で働いてる、この近所のおばちゃんっぽい人、2人と会話を楽しむ。
ワタシの車のナンバープレートを見て「あらーーー、富山から来たの!!おったまげた」と(笑)。
20年ほど前に会津若松に来て、すごく好きだったので、また行きたかった~と言うと、
「ありがとう、よく来てくれた」と。
「富山に行って、トロッコに乗った事があるよ~」と言われて、
温かい会津弁で話し掛けられると、嬉しかったです!
富山=トロッコ、、、、、 まぁ、いいか・・
富山もまだまだだな( 一一)
「気を付けて帰ってね。また来てね」と言われて、お店を後にして来ました。
何処もそうでしたが、東北の人達は優しく、温かかった。
遠くから来てくれる事を、本当に喜んでくださった。


飯盛山へ


そして、2度目の飯盛山へ。
ここは、会津若松の好きな場所・・・★
20年も経つと、ほとんど「初めて来た」感覚と一緒です(笑)。
なんせ、あまり記憶が残ってないもーーん。


白虎隊墓所


まずは、さざえ堂に寄りましょう。


さざえ堂


さざえのような形をしてるので、さざえ堂と呼ばれてるそうで・・・
堂内に入ると、上り下りするためのらせん階段があり、対向する人と一度も出会わず、
また同じ道を通る事もなく、一方通行で堂内を歩き切るという・・・
このような建物は、世界的にも珍しいそうです


白虎隊切腹の地_1


白虎隊の墓所でお線香をあげてから、白虎隊の切腹の地へ行きました。
階段を下りたら、すぐそこがその場所。


飯盛山から見た天守閣


飯盛山から鶴ヶ城を見下ろすと、城が燃えているように見え、
白虎隊は次々と自刃して行くのですが、その目線を撮った写真がこちら。


白虎隊切腹の地


15、6歳の若い青年が切腹を遂げる。
白虎隊が学んだ「日新館」の授業には、切腹の所作を学ぶ授業があったそうです。
学校で死に方を学ぶなんて、、
そんな世の中だった・・・とは言うものの、現代に当てはめると、とても考えられません・・

・・と長々と東北旅行記を載せましたが、
今回もとても心に残る旅でした。
一生、忘れませんね・・
訪れた土地で、人知れず泣いた体験は初めてで、
被災地の「取り残された感」をすごく感じて、旅をして辛くて、切なくなる感情を持ったのは初めてでした。
早く、復興して欲しい。
そして、また行きたいです。
正真正銘、元気になった東北に・・・(^-^)



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(1) | トラックバック(0) | top↑ |

杜の都・仙台 そして夜のひとり歩き

2014.07.07 Mon
東北の旅2日目の夜は仙台で過ごしました。
初・仙台(^.^)
ちょっと期待~


仙台市


夜になる前に、まずは青葉城址へ。
そして、青葉城址から仙台市内を眺めました~
仙台へ行ったら、是非この場所から仙台市内を眺めて見たかった。


伊達政宗像


青葉城址といえば、伊達政宗像★
でかかった(^.^)
たかが銅像だけど、桂浜の坂本龍馬像、上野の西郷隆盛像、青葉城址の伊達政宗像の3つは、
是非、見ておきたい!と思っていたので、これでめでたく制覇♪~


伊達政宗像_1


三日月の兜が凛々しいーー
ハンサムでした(´・ω・`)
伊達男って、伊達政宗から来てるんだよね。
ちなみに伊達男は、昔から目もくれず、タイプではありません(笑)。


喜助


ホテルにチェックインしてから、町へ繰り出して・・・
目指すは牛タン屋。
駅前中央店の「喜助」へ~


牛タン定食


超満員で20分ほど待って、ご入店。
そして、牛タン定食を食べました。
麦ごはんとテールスープ、そしてとろろ。
美味しかったぁーーー、また食べたいわ♪


牛タン定食_1


牛タンが柔らかーい!
ああー、ほんとにまた食べたい(*^^*)


喜助_1


カウンター席に座って、いろいろウォッチング☆
牛タンを焼く手際が面白かった。この料理人さんは、1日何枚の牛タンを焼いているのだろうか?(笑)
料理人さんは汗だく・・カウンター内は大忙しでした。


ゆでタン


お酒のあてにもう一つ注文した、ゆでタン。
これでお酒を楽しみました(^.^)
ピリリとわさびとブラックペッパーがきいて美味しかった。
隣席になった、広島から来たというひとり旅の女性とちょっとした会話も弾み、、、
旅は道連れ?(笑)。その女性もゆでタンを注文してました。


仙台駅前


青葉通り。
すごい車と人の数・・・
活気が違うわ。都会だなぁーー


仙台駅


Bigな仙台駅。
西口にあるペデストリアンデッキを通って駅ナカへ。


楽天イーグルス


楽天イーグルスのグッズショップがあったので、入ってみました。
ホームカラーのえんじ色に引き寄せられたって感じ。


田中将大


ヤンキースに移籍した田中投手のコーナーが・・☆
只今、星野監督の療養中、長嶋巨人で活躍した、デーブ大久保が監督代行をしてるようですね。
熱血という点では、星野監督と似てるなぁ。
いい成績を上げて、監督業を狙ってほしいです。
熱血漢のある監督がいると、プロ野球は面白くなるので。

仙台の夜、楽しかったな~☆
ひとりでちょろちょろ歩いても怖くなかったし・・・(*´ω`*)
仙台の町は駅周辺しか歩きませんでしたが、
いつかゆっくり行って見たいと思いました。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(1) | トラックバック(0) | top↑ |

日本三景松島へ

2014.07.06 Sun
東北旅行記・・もう少し、お付き合いを~

石巻から日本三景松島へ行きました。
日本三景は、天橋立、宮島厳島、松島で3つ★
どれも海と関係してますね(^.^)


日本三景松島


とにかく大勢の人々・・さすが、日本三景。
きっと、2011.3.11も大勢の観光客がいたのでしょうね。
ふと、考えました、、、(;´Д`)


五大堂


松島といえば、この景色。
五大堂。
いいアングルでしょう~ 五大堂を上から眺めました(^-^)


五大堂_1


・・というのも、五大堂の向かいにあったカフェに入って一休み♪
テラスはワタシひとりで(あとから、人が入って来ましたが。。。)意外と穴場でした(*^^*)
いつも思いますが、ひとり客の傍には、意外と人が寄ってくるもので、、、
グループやカップルよりは、近寄りやすいのでしょうか?(-_-;)
あーあ、ひとりでそっとしてほしいのに、今回もなかなかそうはさせてくれない(>_<)


国宝瑞巌寺


そして、国宝瑞巌寺へ。


津波到達地点


長い参道を歩いて行くと、途中にこれが・・・
ここまでやって来たのか、、と驚きです。
2011.3.11 瑞巌寺の本堂には、300人の大勢の人が避難して来たそうです・・


玄関


瑞巌寺の中へ。
大きく「玄関」と書いてありましたが、この門を「登竜門」と呼びまして、
額には「登竜」の文字を読み取る事が出来ます。
登竜門って、ここから来てたの?
登竜門=玄関・・・
なるほど、なるほど。


日本三景


五大堂から眺めた松島・・
松島は、ほんとに松の島なんだね。松だらけ、、、(´・ω・`)


日本三景_1


遊覧船に乗ろうかな・・・とかなり迷いましたが、乗らず、、、
でも・・・・


遊覧船案内所


乗りもしないのに、遊覧船乗り場へ行って・・・
そこで働いてるおじさん・・「伊藤さん」とお話・・(笑)。
日頃は、目いっぱいの「近づくなオーラ」を放っているのに、
旅先では、人が変わったように人懐っこくなるワタシ(笑)。
旅は、心の扉を開くね~♪
「伊藤さん」とは、震災の話をしました。


遊覧船案内所_1


遊覧船案内所も津波の被害を受け、ここまで浸水したそうです。
そして、伊藤さんが「ここも見ておいで」と教えてくれた、松島の被害状況を見て回りました。


日本三景_2


写真ではわかりませんが、この付近に船が2隻沈んだままになっています。
何故、まだ引き揚げないのでしょうか。
伊藤さんから教えてもらわなければ、絶対にわからなかったです。
・・というのも、ここは「立入禁止」エリアになっていて、
伊藤さんが「いいよ、行って見ておいで」と言ってくれたので、ワタシも行って見れたわけで。
この日多くの人が松島へ観光に来てましたが、
ここを見たのは、多分ワタシ一人だけ・・と言っても過言ではないかな。
「ひとりで来たのか?」と話し掛けていただいて、
「はい、南三陸町と石巻の被災地も見て来ました。まだまだですね・・」
と答えたワタシの本気度がわかってもらえたのだと思います。


地盤沈下


「こっちを見てみ!」と伊藤さん。。
たくさんの土嚢が積んでありますが、ここは、80センチも地盤沈下したそうです。
それでも、このままで何もしてくれない・・と伊藤さんが憤慨してました。


桟橋


こちらの桟橋は傾いて、ほぼ沈んでました。
表向きは綺麗な松島でしたが、
細かいところに震災の爪痕が残っているという。。。
伊藤さん曰く「阪神大震災のように、集中的に工事をしてくれたら、もっと早く復興できる」
そう出来ない、出来てない事情は何でしょうか?
ひとつは東京オリンピック?

そして、仙台市内へ向かいました。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |

門脇町の現在

2014.07.05 Sat
そして、続いて行ったのは、
石巻市内でも、一段と被害が大きかったという「門脇町」へ・・・


がんばろう石巻


「がんばろう!石巻」の手作りの看板は、あまりにも有名になりましたよね。
この周辺は、大川小学校周辺以上にがらーーーんとして、何もありませんでした。
人もワタシだけ・・・・


がんばろう石巻_1


震災当初のこちらの様子を撮影した写真がありましたが、
こんなにひどかったなんて・・・
改めて、門脇町の被害の大きさを知ります。


がんばろう石巻_2


看板設置場所は、誰かの家だったのですね。
水洗トイレの便器があり、驚きました。


がんばろう石巻_3


周りは本当に何もないです。。。
残ってないです・・・(;_:)


門脇町_被災状況_3


「がんばろう!石巻」の看板から、少し離れたところにある門脇小学校付近へ。
小学校周辺という事で、ここは住宅地だったそうです。
家なんて、1軒も残ってはいません。
車を降りて、しばらく歩いて見て回りました・・・・


瓦礫


ところどころに瓦礫が残っているだけ・・・


門脇小学校


被害にあった、門脇小学校。
校舎をよく見れば、ボロボロです・・・
その校庭で、元気いっぱいにソフトボールの試合をしてました。


門脇町_被災状況


たくさんの家の基礎が残っていて、、、
そこには、確実にここで生活していた跡が残っていました(-_-;)


門脇町_被災状況_1


地面にキラキラ光るものがたくさん見えて、近付いて見ると、
キラキラ光る正体は、割れた瓦か食器の破片・・・
そんな地面ばかりでした、、、


門脇町_被災状況_2


震災を受けた電卓、、、
3年間、ここに置かれたままなんだね・・・


門脇町の家


何もないところに、奇跡的に1軒、ポツンと建ってる家が目立ちました。
ある意味、異様でした。


門脇町の家_1


この家も近付いて見るとガタガタで・・・
3年間、このままなんですね・・・・
切ない。
この家は、壊れたところを補修すれば、住めそうな感じでしたが、
他に何もないこの場所で、この家族だけがここに住むわけにはいかないし、
今更、住めないでしょう・・・
門脇町は消えた町になるのでしょうか。
復興は、まだまだだ・・
実際にこちらにやって来て見て、ここに来ないとわからない事がたくさん見えました。
3年も経ってるのに、この状況・・・
いったい、3年間何をやっていたのでしょうか・・
たくさんの義援金は、どのような形で復興に役立っているのでしょうか?
復興はまだまだです。



ブログランキング・にほんブログ村へ


カテゴリ:お出かけ | コメント(1) | トラックバック(0) | top↑ |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。