FC2ブログ

東京バナナを片手に

2009.10.26 Mon
東京バナナ


長女が「東京ばなな」を土産に、1週間ぶりに東京から帰って来ました。
3泊4日だと思っていたので、4日経っても帰って来ないし、
もしかして、そのまま家出? なんて思ったりしてましたが(笑)・・・
学校からの工場(流通)見学とかで・・
この不景気な時に、どの会社(工場)を見ても、参考になるとは思えないな・・
少しでも、自分の考えに結びつくような収穫があればいいと思うけど。
長女が自分の将来をどう思ってるのか、はてさて、親としてもさっぱりです。
あの子を見てると、私と同じ道を辿ってるようで、やきもきするのです・・
しかし、東京バナナは美味しいね☆

カテゴリ:日々 | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |

私のママの味

2009.10.26 Mon
私にとっての「おふくろの味」と呼べるものは、いろいろありますが、その中のひとつ・・
白菜が美味しい季節になると食べたくなるスープを作りました。
肉団子と白菜の春雨スープです。


肉団子と白菜、春雨スープ


子供の頃は大好物の中のひとつ。
コショウをたっぷり利かせると、すごく美味しくて・・・
私の子供達も、このスープが大好きです。
食の好みは、母から子へ継承されるものだとつくづく思うなぁ。
結婚して旦那さんの家族と同居の場合、間もなく訪れる壁のひとつが「食事」・・
という人はきっと大勢いらっしゃる事と思います。
味は各家庭により違うのが当然で、嫁いだ家庭の味がどんなに美味しくても、
生まれた時から母の味で生きて来て、記憶する母の味に勝るものはなく・・・
だからといって、母の味をそのまま嫁いだ家で再現するのは、姑の手前、
ずーっと出来なくて(無闇に私の実家に対抗意識を持ち嫉妬深く、すぐ機嫌を悪くする人なので)・・・
といった身も心も窮屈生活を11年も過ごしていましたが、現在はヤキモチ焼きもいないので、
のびのびと「おふくろの味」を作る事が出来る、自由な食生活がとにかく嬉しい。
好きなものを、好きなように作って、好きなように食べたいだけ。
食べる事は生きる事だもん・・
自分の好きなようにしたい。したかったーー!!→織田裕二風に叫びたいです。
自分の「おふくろの味」を子供達に振舞う時、必ず言います。
「これ、(あなた達の)おばあちゃんの味だよ」と・・ すると子供達の反応もとても嬉しそうです。
私のおふくろの味・・いくつか娘達が受け継いでくれたら嬉しいな。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



カテゴリ:料理 | コメント(0) | トラックバック(0) | top↑ |