スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | top↑ |

悲劇・・石巻市立大川小学校

2014.07.04 Fri
ワタシの中では、必ず見ておきたい、震災の爪痕が残る場所がいくつかありました。
児童74名が犠牲となった、石巻市立大川小学校もそのひとつで・・・


大川小学校_6


ナビの通りに運転して行ったのですが、
校舎が見えるまでは、本当にこの周辺にあるのだろうか・・・?と半信半疑でした。
それは、そう思うほど、景色が普通に川があって、道があって、遠くに山が見えて・・
本当に何処にでもある景色で、普通だったからです。
ところが、写真にある鉄橋を渡る手前で斜め右に入った途端に、
景色が一遍しました・・・
がらーーーんと、何もない広い地面が広がり、その真ん中に・・


大川小学校


大川小学校が静かに建って、ワタシを待っていました・・


大川小学校_1


ここでも、見た瞬間、身体が震えました・・・
そして、急に激しい雨に降られ、、、


大川小学校_2


しばらくは、ボーーッとただ眺めているだけでした・・・


大川小学校_3


ここには、写真では届かない、迫力のある悲しみがありました・・・
こんなに悲しい風景を見たのは、生まれて初めてでした。
そして、怖かった・・


大川小学校_4


悲しくなって・・・辛くなって・・・
大きなため息を何度も何度もつくだけでした・・・


大川小学校_5


等間隔に残る残骸・・
場所からして、校門の残骸かな・・と思われました。
大きな瓦礫や遺品などは整理されたのかもしれませんが、
ここは、何もかも当初のまま、手つかずという感じでした。


大川小学校_7


校舎の後ろにある裏山・・
震災後、何故裏山に避難しなかったのか・・?と報道されていましたが、
ここへ来てみて、本当にそう思います。
すぐそこに・・目の前に裏山があるのに・・・
でも、児童が階段もない裏山を上るには、無理があったのかもしれませんが、
地震発生から、ここに津波が到着するまで40~50分の余裕があったそうです。
元々、大川小学校は津波は到達せず、浸水しないであろうとされ、避難場所になっていたと聞いています。
とにかく、何もかもが予想もしなかった事だったのでしょうね。。。
校舎の向かって右奥に、慰霊塔が設けられていました。
そこには「遺族の心情を考え、ここでの写真撮影はお控えください」と注意書きがありました。
大川小学校の悲劇は、県と市に対して、裁判にまで発展してます。
遺族の誰もが納得する判決が出るのでしょうか・・
ワタシも今後、注目して行きたいと思ってますが、
1日も早く、遺族のキモチが休まる事を校舎に向かって願いました・・・
そして、改めて冥福を祈りました。



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト


カテゴリ:お出かけ | コメント(1) | トラックバック(0) | top↑ |
<<門脇町の現在 | ホーム | 南三陸町の美味しい魚介と、人の優しさ>>

コメント

no subject

血の気がひいてくような感じです。
でも現状は、写真で見るより、ずっとずっと凄まじいものなんでしょうね。
予測も付かなかった事態ではすまされないほど多くの児童の命。
こんなところからですが、ご冥福をお祈りいたします。
- | tomato | URL | 2014.07.06(Sun) 19:11:07 | [編集] | top↑ |
name
title
mail
url

[     ]

トラックバック

トラックバックURL
http://utsuwanokimochi.blog66.fc2.com/tb.php/1293-25c5d30a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。